バイアグラジェネリック通販

バイアグラジェネリック通販/

バイアグラジェネリックのご紹介

バイアグラは世界で初めて作られたED治療薬で、もう10年以上の歴史を持っています。

 

バイアグラのジェネリックも同時期に発売されて、こちらも10年以上の使用歴を持ったクスリが多く、すでに多くの人に使用されていますので、その安全性や効果は立証されています。

 

バイアグラジェネリックの販売は、今でもで順調に売上を伸ばしています。

 

バイアグラのジェネリックのほとんどは、インドで作らてれています。インドの製薬技術は他国に比べてずば抜けた技術力があり、その品質に関しては誰もが認めるほどの状況です、

 

バイアグラなどのほとんどのジェネリック医薬品はインドで作られ、全世界の約半分のジェネリックはインドから発売されています。

 

そのジェネリック医薬品のおかげで、発展途上国などの貧しい国でも、最新の医薬品の恩恵を行ける事が出来ています。

 

世界的にはジェネリック医薬品は、その先発医薬品の特許の期限が過ぎてからでないと、作る事が許されないのですが、インドではこの医薬品の特許に関する考え方が世界と違い、合法的にジェネリクを作る事が出来ています。

 

このあたりの詳しい説明は、「インドの薬特許に関する考え方」に書いてありますのでそちらを参考にしてください。

 

バイアグラは日本では、25mg、50mgのみが認可になっていますが、世界的には、100mgもぞんざいしており、実際に一番販売数が多いのはバイアグラ100mgになります。

 

 

なぜバイアグラ100mgが発売が多いのかといますと、理由は2点ありまして、1点目はやはり効果が強い事があります。

 

2点目はコストを抑えるためにバイアグラの100mgを購入して、ピルカッターなどでカットすることにより、より安い価格で、バイアグラの50mgや25mgを手に入れる事ができるためです。

 

今現在でバイアグラのジェネリックで一番有名な商品は、「カマグラゴールド」になります。

 

バイアグラを医者で処方してもらうと50mgで1錠、1500円取られますが、カマグラゴールドを最安値で購入してピルカッターなど使用しますとパイアグラ50mgが1錠70円代で購入することができます。

 

バイアグラ50mgが1錠1500円と70円代では、誰が考えてもバイアグラ50mgを1500円で購入するのはバカバカしくなってしまいます。

 

バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリックの個人輸入

先ほども触れましたが、日本ではバイアグラは25mg、50mgの2点だけが認可されていますので、100mgを購入するには海外からバイアぐラを買わなければいけません。

 

これを可能にしている仕組みが、医薬品の個人輸入です。日本では、ある一定量までの医薬品でしたら、個人で自由に輸入していい事になっています。
日本で許可されていない、最新の医薬品を購入したいのでしたら、この方法で手に入れる事ができます。

 

この法律に関しては、「医薬品等の個人輸入について」を参考にしてください。

 

バイアグラのジェネリックは歴史の古い分、偽物が多く出回っている事実もあります。ファイザーが過去に調べた個人輸入のバイアグラの検査結果によりますと、80%が偽物だったそうです。
ですので、バイアグラをはじめ薬の個人輸入に関しては細心の注意が必用です。

 

医者などで処方された薬による副作用などは、保険がカバーしてくれますが、個人輸入した薬で起こした事故に関しては、一切保障されません。

 

全て自己責任の元で行っていかなければいけませんので、そのつもりでクスリの個人輸入はしましょう。

 

ですが、実際には個人が見てその薬が本物か偽物かなどの判断をするのはかなり難しと思います。

 

偽物のバイアグラを販売しているところでも、100%本物保障などと書いて販売していますので、見分けがつきません。

 

当サイトでは、そんな偽物のバイアグラを販売している業者に捕まることが無いように、安全な業者をご紹介しています。

 

簡単な業者の見分け方を説明します。

 

他のショップに比べて異常に安くバイアグラを販売している。

 

バイアグラの本物を作るのには、それなりに決まった原価が掛かります。ですので販売価格も当然同じような価格になる事が自然です。
異常に安くバイアグラを販売できるのは、原価が安い偽物を販売しているからです。

 

クレジットカードが使えない。

 

偽物を販売している業者では、当然クレジットカード会社の審査が通りませんので、クレジットカードを使用することができません。

 

実際に存在しない容量のバイアぐラを販売している。

 

バイアグラは、25mg、50mg、100mgの三種類がファイザーから発売されていますが、バイアグラの200mgなど通常では存在しない容量のバイアグラを販売していたら、間違いなく偽物です。

 

サイトのURLが異常に長い。

 

サイトの住所であるhttp://から始まるサイトのURLが異常に長いサイトは、どこかおかしいと思ってください。

 

通常何かを販売するときには、その商品を連想させるURLを使用するのが、あたり前ですが、偽物を販売しているショップでは、海外でサイトを作って、とにかく後が付かないような長いURLを使用して、すぐに逃げるような事をする場合がほとんどですので、このあたりは簡単に分かりますので、慎重に見て下さい。

 

上記のような事を参考に、怪しいショップからバイアグラを買わないようにしましょう。

 

一番安全なのは、当サイトでご紹介しているショップは間違いがありませんので、おすすめです。

 

>>>バイアグラジェネリックはこちらから

バイアグラジェネリックを上手に使う方法

バイアグラなどのED治療薬を使用する時には、必ず用量の少ないものから使用するようにしてください。

 

バイアグラなら25mgからスタートして、その状況で50mgに変更してみて、それでもまだ不足な場合には100mgにするなどの順番を追って行くのが賢明です。

 

いきなり自分の判断で、用量の多いものがいいだろうと使用するのは止めましょう。

 

バイアグラなどのED治療薬を使用する目的は正常に性行為ができる事が目的です。25mgで何の不安もなく正常にセックスができる人が50mgを飲む事は全く意味がありませんし、体に悪いだけです。

 

ですが、最初から50mgを使用してしまいますと、体はバイアグラの50mgに慣れてしまいますので、25mgに減らしても効かなくなってしまいます。

 

そのような不幸な事にならないためにも、必ず少ない量から試して、それで様子をみてから量を増やすようにしましょう。

 

25mgで十分に効果のある人が、50mgに慣れてしまうことは体に負担が余計にかかるだけでなくお金を倍払わなければいけない事になってしまいます。

 

薬は最低限の量で、最大の効果を得る事が、副作用もなく一番いい方法です。

 

バイアグラを服用して、自分あった用量が分かりましたら、バイアグラを買う時には必ず100mgを購入しましょう。

 

50mgの人でしたら、100mgをピルカッターで半分にして、使用います。25mgの人は4分の1にして使うようにしましょう。

 

個人輸入でも、医者でもらっても分かると思いますが、100mg50mg25mgの値段の差は、そんなにないのが現実です。

 

医者ですと、50mgが1500円、25mgが1300円と言う感じです。

 

100mgをピルカッターで半分にしたら、完璧に値段は100mgの半分になります。医者で購入した場合にも50mgを半分にしたら1500円の半分ですので、25mgを750円で買うことになり1300円からかなり安くなります。

 

バイアグラのジェネリックでしたらそのコストパフォーマンスは凄く、50mgを1錠70円代で購入することができます。

 

バイアグラの上手な使い方は、自分に合った量を見つける事と、バイアグラを買う時には必ず100mgを購入してピルカッターは必須です。

 

日本人の場合ですと、50mgで十分に効果がある場合がほとんどですので、いきなり100mgは無茶ですので、100mgのバイアグラはあくまでもコストを下げるためにあるのだと考えても差し支えありません。

 

>>>バイアグラジェネリックはこちらから


ホーム RSS購読 サイトマップ