健康とは心が一番だ!

健康とは心が一番だ!

健康は何よりも心が一番です。
心がひねくれ曲がっていたり、精神的に病んでいたりすると、どうしても不健康になります。

 

相手が、そんなことを思っていなくても、すぐに○○○○と思った!とか、早とちりする人とか、元来、気が短いとか、そういう人は特に気をつけて慎重にならないと、意外とあちこちから恨まれて、薬なんかを頼る生活になりますよ。水虫の薬

 

ずっと、正しくあれとは言いませんけど、これはいいことだとか悪いことだとか、そのくらいはわかっていないと、悪いことをいいことみたいに、元気良くやる人が多いから、こんなにだっぽうハーブ騒ぎにまでなって、しょっちゅうニュースで騒がれたり、ばい菌でエボラ出血熱が蔓延したりするんですよ。

 

そこの現地の人は、貧しいがために教育にとても暗く、宗教が拠り所なので、衛生的に良くなくても、死者を葬るときにはそういった現地の昔からの弔いのやり方をします。
それは、そこでは、ホントにいいことだと思ってやっているわけです。

 

けれど、衛生的でない川や土などで、何日も死体を置いたり、さわり続けてさよならをするのは、良くないことだから、そこら辺が、私が言う、「いいこと」とか、「悪いこと」とかをきちんと区別するのに、とても重要になってきます。

 

健康で生き続ける為には教育がどうしても必要で、食育とか、栄養学とか、衛生とか、たくさんの知識も基本的に必要です。
薬ももちろんいります。
パンデミックになりそうなほど奇病が蔓延してくると、きちんとした生態学に基づいたものとは全然違う宗教が、ほんとは怪しいんじゃないかと疑う私です。

 

私は妙法蓮華経でK会にいましたけど、たくさんの正しい道理を教わりました。
宗教が、何でも信じていいわけではないことも、きちんと教わりました。

 

正しい宗教は、道理と相反するものではなく、一致するもので、そこに矛盾はないそうです。
もし、矛盾を感じたら、それは間違っている教えですよ。

 

正しい仏法は、道理・文証(もんしょう)・現証の3つがそろっていないといけないそうです。
信じていることが、現実に幸せに結びついていかないとやらないですしね。

 

不幸になるんだったら、それは間違いですよ。
健康とは迷いがなくなり、すっきりとわかる、とか、正しいことが時間をあんまりおかずに理解できることで、かなり違ってくるものですよ。

私が薬を止めた理由

私は以前は薬をすぐに飲んでしまう方でした。
通院していて、薬を処方されていたのでその関係で慣れていたのかもしれません。

 

風邪薬でも痛み止めでも不安があれば、すぐに飲んでいました。それが今は全く飲まなくなりました。
通院を止め、薬も飲まなくなったことがきっかけですがそれ以上にもう風邪薬でも痛み止めも飲む気がしないのです。

 

その理由の一つに色々な症状にこの薬が使われているなと思ったことでした。それは痛み止めです。
私が整形外科に通院し、首の痛みで使われていた痛み止めがありました。それはよく効くので痛みがひどく耐えられないときには頻繁にお世話になっていました。

 

そして、しばらくして、生理痛の関係で婦人科にかかることになりました。
そのときに処方された痛み止めの一つが首の痛み止めで使われていたのと全く同じ薬でした。

 

それから、またしばらくして私は手術をすることになりました。
大変な手術ではあったものの、無事に終わり、その際の痛み止めとして処方されたのもまた同じ薬でした。

 

少し怖くなって、後でかかりつけの薬剤師さんに聞いたところ、こちらは全般的な炎症にも効くし、発熱の際の解熱剤としても効果があると教えてくれました。
私自身、薬にどれほどの効果があるのかは詳しくは知りません。ですが首の痛み、生理痛はまだしも手術後の縫合の痛みにも効くことに驚愕してしまいました。

 

それほど、強い薬を飲んでいたのだと、心底驚き、また同時に大して勉強もせずに簡単に薬を飲んでいた自分にもすごく腹が立ちました。
もう一つの理由は薬を飲むことによって肝臓にかなりの負担がかかっているということを知ったからでした。

 

これはネットなどで知ったことですがサプリメントでさえも肝臓にかなり負担がかかっているらしいのです。
薬、サプリメントは肝臓を通してから吸収されます。あまりに肝臓を使いすぎると肝機能障害のリスクを招くのです。

 

私は数年ほど薬を常用していましたし、その後は痛み止めをよく飲んでいました。また、風邪薬や頭痛薬も頻繁に使っていました。
あまりにも薬に頼り過ぎていて、怖くなりました。

 

体には特に異常は起きていませんがこのままのペースで飲み続けていたら、薬によって壊されていたかもしれません。
きちんと処方されている分には大丈夫だと思いますが薬に依存していてはいけないなとは考えます。

 

私はこの二つのことがきっかけで薬を飲むことは止めました。
何かありましても自分で解決できるように頑張っています。その方が結果的にも体を健康にしてくれたと思っています。

おすすめのサイト